プロダクトライフサイクルとは

プロダクトライフサイクル(製品ライフサイクル/PLC)とは、「導入期」「成長期」「成熟期」「衰退期」の4つのステージからなるS字型のカーブの製品・市場の成長パターン

成長ステージによって、市場の成長性や競合の多寡、顧客の製品への理解度などが異なる

  • 導入期:市場発達の初期段階、新技術によって市場が作られていく
  • 成長期:新技術が浸透してきて、差別化が求められるようになってくる
  • 成熟期:各企業が自社のシェア率を上げようとがんばり、淘汰されることで少数の企業が大部分のシェアを獲得している状態
  • 衰退期:売上・利益が激減していく、撤退の判断が求められる

損益計算書とは

損益計算書とは会社の利益を知ることができる決算書類のこと

収益・費用・利益が記載されており「Profit and Loss Statement」を略して「P/L」とも呼ばれる。

決算時に収益から費用を引いた利益を知るための資料

  • 売上総利益:別名「粗利」、売買で儲けたお金
  • 営業利益:売上総利益から広告費とか給料とかを抜いたあとに残ったお金
  • 経常利益:営業利益に株とか利子で儲けたり損したりした額を含めたお金
  • 税引前当期利益:経常利益から臨時的に発生した損益(不動産売却や火災など)を含めたお金
  • 当期利益:「純利益」とも言う、税引前当期利益から税金を引いた後に残ったお金

プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)とは

プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)とは、企業が自社の事業を「市場成長率」と「市場シェア率」の2軸で分けた場合の位置を確認し、経営資源(ヒト・カネ・モノ)の最適な分配を可能にする戦略を策定するための分析手法

市場成長率:前年度と比較した市場規模の成長率を表す言葉

市場シェア率:特定の市場において、自社の事業が占める割合のこと

事業をPPMで分けたときに4つに分類できる

  • 花形
    • 「市場成長率」と「市場シェア率」の両方が高い事業
    • 市場成長率が高いため売り上げを伸ばしやすい
    • 市場シェア率が高いということは競合が多く市場競争が激しい
    • シェア率を維持し続けるためにも積極的に投資が必要
  • 金のなる木
    • 「市場成長率」は低い
    • 「市場シェア率」は高い事業
    • 市場成長率が低いため投資を増やす必要はない
    • 市場シェア率が高いので利益は出しやすい
    • 花形や問題児(後述)といった市場成長率の高い事業にお金をまわしていく。
  • 問題児
    • 「市場成長率」は高い
    • 「市場シェア率」は低い事業
    • 市場成長率が高いのにシェアが低いため売り上げが伸びにくい
    • 市場シェア率を伸ばすために積極的に投資していく
  • 負け犬
    • 「市場成長率」と「市場シェア率」の両方が低い事業
    • 売り上げも利益も少ないし今後伸びる期待もできない
    • 事業撤退を考えないといけない

不正競争防止法とは

不正競争防止法とは会社間における正当な営業活動を遵守し、過度な競争が行われないよう、適正な競争の実施を確保することを目的とした法律のこと

不正競争防止法における「営業秘密」とは「秘密として管理されている生産方法、販売方法、その他の事業活動に有用な技術上又は営業上の情報であって、公然と知られていないもの」と定義されている。

以下の3つが全て満たされた情報のみ「営業秘密」扱いにできる。

  1. 秘密管理性(秘密として管理されていること)
  2. 有用性(有用な営業上又は技術上の情報であること)
  3. 非公知性(公然と知られていないこと)