プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)とは

プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)とは、企業が自社の事業を「市場成長率」と「市場シェア率」の2軸で分けた場合の位置を確認し、経営資源(ヒト・カネ・モノ)の最適な分配を可能にする戦略を策定するための分析手法

市場成長率:前年度と比較した市場規模の成長率を表す言葉

市場シェア率:特定の市場において、自社の事業が占める割合のこと

事業をPPMで分けたときに4つに分類できる

  • 花形
    • 「市場成長率」と「市場シェア率」の両方が高い事業
    • 市場成長率が高いため売り上げを伸ばしやすい
    • 市場シェア率が高いということは競合が多く市場競争が激しい
    • シェア率を維持し続けるためにも積極的に投資が必要
  • 金のなる木
    • 「市場成長率」は低い
    • 「市場シェア率」は高い事業
    • 市場成長率が低いため投資を増やす必要はない
    • 市場シェア率が高いので利益は出しやすい
    • 花形や問題児(後述)といった市場成長率の高い事業にお金をまわしていく。
  • 問題児
    • 「市場成長率」は高い
    • 「市場シェア率」は低い事業
    • 市場成長率が高いのにシェアが低いため売り上げが伸びにくい
    • 市場シェア率を伸ばすために積極的に投資していく
  • 負け犬
    • 「市場成長率」と「市場シェア率」の両方が低い事業
    • 売り上げも利益も少ないし今後伸びる期待もできない
    • 事業撤退を考えないといけない

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。